迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
デオードの使い道
2005年05月14日(土) 22:20
昨日は、上がって即PT希望を出してました。
お声が掛かったのは、他国の方から。
最近、随分抵抗もなくなってきたので、快諾して入ることに。
メンバーは、戦忍シ赤黒白(私)。
このうち、忍シ赤は他国の方(多分NA)、戦黒白は日本人でした。

日本人トリオは、英語が殆どわかりません
一応、若干の意味は分かっても、はっきりと分からないので、
なんて言ってるんだろう?という問にも、多分こうだとしか答えられず。
それでも、楽しくやってましたが(笑)

狩場はクロウラーの巣。
芋ではなく、カブト相手にやってました。
弱体は自分が入れる、と赤さんに言われ、私はケアルタンク(ノД`)
まぁ、赤さんの本職ですし致し方ないですけどね・・・
弱体スキルが青字に最近なってなかったので、あげたかったけど、
レベル上げPTですから、その辺は臨機応変に。

戦士さん、サポ白でした。

戦士さん : におったら教えてw

といったところ、黒さんからすかさずデオードが掛かりました(笑)
ソレを機に、何かあるたび戦士さん、黒さんデオードかけるという。
勿論、私も掛けられました(´・ω・`)
すかさず掛け返しましたけど(笑)

こんなことをしていると、他の方も遊んでいる事に気付いたようで、

赤さん : (イヤなニオイしてるの?lol)

と聞いてきたりしてました(笑)
そして、何気に自分も掛けて欲しそうだったので、
黒さんが赤さんにデオードを掛けてると、楽しんでいるようでした。
お互い、ちゃんと言葉が分からないにしろ、
こういうので交流してたのも面白かったです(笑)

そのうち、忍者さんが夕食の支度があるからと離脱。
補充か解散か聞かれると、シーフさんも離脱。
結局PT解散で終了です。

混成PTながら、非常に楽しくレベル上げが出来ました。
レベルは上がらなかったけど、楽しければそれでいい(*´∀`*)




Read more>>



 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----