迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/11
  • 2018-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019/01
おぼろげな過去の輪郭を
2008年10月28日(火) 20:57
- 10/11(土) -
過去バスのクエの4つ目まで終わり、アルタナMも進められるようになったからと、
過去サンドでイベントを見て以降、暫く放置していたのですが、
過去バスクエの続きが実装されたこともあり、そろそろやりたいなーと思い始めました。

で。

フレを拉致って、アルタナM実装分を進める事に^−^

アルタナM - 紫電、劈く

ラヴォール村に、
闇の王親衛隊が来襲した。
茜隼騎士オドラールと共に
村人を安全な場所へ誘導しなければ!

<攻略>
ラヴォール村〔S〕にエリアチェンジするとイベント。

F-9にあるReinforced Gatewayを調べるとイベント。
再度Reinforced Gatewayを調べるとバトルフィールドに入りイベント。バトルフィールドはLv75制限で人数6人制限。バトルフィールド名「紫電、劈く」。
バトルフィールドではGalarhigg(Dragon族)というNMが出るので倒す。

続きはネタばれSSを含むので折りたたみにて。





















戦時中のラヴォール村。
現代ではすっかり荒れ果てた土地になってしまいましたが、
過去はまだ建物も原型をとどめているものの、オークの侵略に晒されています。
このイベントでは、その侵攻を目の当たりにするわけですが・・・

茜隼騎士であるオドラールの手引きで、村人の避難誘導を手伝うことになり、
更にラヴォール村の奥へと進みます。



道中にはこんなものが。
カンパニエバトルで出現するもののようですが、あまり参加してない私は
この異様な砦のようなものを目撃するのは初めてだったりします。
階級も剥奪されるレベルなので、たまにはカンパニエにも参加しないとな〜
なんて思ったとか何とかw



こちらは、カンパニエとは関係ないフィールドモンスター。
オークに虎が飼われてますよ!
オークがせっせと世話をしているかと思うと、なんだかにやりとしてしまったりw

ラヴォール村に来た事自体が初めてだったので、
敵の強さにドキドキしつつBC前に到着。



ここでイベントが。
オドラールの誘導は完全な罠。
そのオドラールとは・・・という展開なのですが、ここは伏せておきますねw



BCはLv75制限で敵はドラゴン。
赤ソロ撃破報告もあったので、2人でもいけるだろうという目論みの元、
青白の2人構成で挑戦してきました。
実際戦ってみたところ、この構成で余裕な感じ。
白の弱体ですら、レジなしで全て入りましたからねぇw
そして、青の火力の高さもありさくっと討伐完了!

アルタナM - 天涯の娘

リリゼットは、父を救うために、今後も
「黒白ネコ」を追うつもりらしい。
ケット・シーを誘き寄せるため、彼女と共に
「嘆きの涙」を減らしていこう。

<攻略>
Galarhigg(Dragon族)を倒すとイベント。選択肢はどれでもOK。



イベントでは、薄々気付いていた事がはっきりしたり、
まだまだ謎の多い闇の王の軍に関するおぼろげな輪郭、そして謎のヴィジョン。
更には、ケットシーが何を目的としているのか、その片鱗を見せたりと
今後の展開がまだまだあるであろうと言う事を予感させるものでした。

次のミッション追加が楽しみになりましたね〜(´ー`)
ただ、その前にまた過去三国クエストのいずれかを6番目まで
終えなくてはいけないという条件が付くと思うので、
そちらも進めなくては・・・
というか、バスのクエの続きが気になったので、
それもあってアルタナMを進めたわけでw
この後に更に過去バスクエにも着手しましたが、それは長くなるので別記事にて。



BGM:シリンダーの中の夢/TRICERATOPS
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/999-5e302067


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----