迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
Love見つけました
2008年06月14日(土) 21:08
- 6/7(土)続き -
メリポが終わり、ほくほくしながらシェルラVを三段階にして(・∀・)ニヤニヤしている頃、
フレからテルが。

なんかお願いしたいとか。
話を聞くと「!」がいっぱい頭の中でつきましたねw
これは願ってもいないチャンス!
眠くなる恐れもありましたが、フレに言われた通りの場所に馳せ参じました。



Love見つけました(/ω\)

Jailer of Love・・・通称Loveの海NM。
しかも、Loveを倒すと稀にヴァナ最強であり最凶であるという
噂のAbsolute VirtueがPOPするというNMです。

海活動をしていない私には、縁のないNMだろうなーと思っていたので、
お手伝いとはいえ、この戦闘に加わらせていただけるのは、
とてもいい経験でした。

戦闘内容は続きにて!


既に戦闘が始まってから現地に到着したのですが、
声を掛けてくれたフレが赤盾として頑張っておりました。
ヘイトが安定するまで、魔法でヘイト稼ぎ。
安定したら、黒さん達の精霊やモンクさんの気孔弾、
リキャ毎に暗黒クラクラで暗黒さんが削る、といった感じでしたね。
私は白で呼ばれたので、同じPTの方をメインに回復しておりました。

どういうタイミングか私は分かりませんでしたが、
Qn'hpemdeQn'xzomitRu'phuaboのどれかを3体召喚してくるので
それは赤/忍さんがディアガで釣って、黒さん達がガで倒しておりました。
この召喚は戦闘中何度もあるのですが、タゲを取った黒さんが
タコ殴りにされてたりとか((((;゜Д゜)))

あとLoveの特徴としては、属性チェンジ。
Loveの使う魔法でそれを見極め、対応した属性魔法は撃たないように
その都度属性を声掛け合っておりました。(吸収するので)
私はそれを見て、変更になった属性のバ系を掛けてみたり。

見ている限り、かなり安定して削っていたのですが、
途中召喚されたエイ3体のエリアルコリジョン×3で赤盾なフレが(-人-)
これ、アスフロみたいな感じなようで・・・全部同時に発動しておりました(;´ρ`)
削り要員の暗黒さんが、削ってる最中にフロレセンスのためるが乗った
通常攻撃の一撃で戦闘不能になってしまったり、
召喚されたエイを削っていた黒さん達がエリアルコリジョン×3で
半壊していたりと、さすが強いNMだけあってそう簡単には勝たせてくれません。

Loveを維持しつつ、立て直してまた地道に削っていると、
ルミナスドレープ(範囲魅了)が前半より来るようになってたと感じます。
そのたび、フレに向かって魅了された方々が突っ込んで行くのですが、
ぎりぎりの所で魅了された人を寝かせられておりました。
おしいwという声も聞こえたような?w

そうこうして、徐々に終わりが見えてきたLove戦。
終盤には、黒さん達が引き寄せを食らい始めてましたw
そういう私も、ケアルヘイトで引き寄せられましたが。

そして・・・





Love討伐完了ヽ(´ー`)ノ

いやー、なかなか熱い戦いでございました!
戦闘時間は、2時間に迫る1時間45分ほどだったとか(;´ρ`)
1体の敵とこんな長い時間戦うのは初めてでしたけども、
初めての敵だからこそ、集中して出来たように思えます。

ドロップは、ラヴハルバードと貪愛の情念(ノーヴィアピアス)でしたが、
私には良く分かっておりませんでしたw

この戦闘が終わった後には気付きませんでしたが、
終わってから・・・そういえばもしかしたらAVがPOPした可能性があるんだなー、
と思い出していたら、沸いてたらどうなってたんだろう・・・と思っていたり。
それはそれで、面白い物が見れたような気がしますがw

誘ってくれたフレには感謝ですね。
出来るはずのなかった経験が出来ましたからね〜♪



BGM:東京炎上/フジファブリック
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/941-6d3201e1


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----