迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
Happy Wedding
2008年04月17日(木) 21:45
- 3/2(日) -
この日、初めてヴァナの結婚式に出席させていただきました。
新郎さんとは面識があるも、フレというわけではなく・・・
この式の仲人?だったすふぃさんすふぃさんからのお誘いで出席させていただくことに。
新郎さんは、随分前にアルテパでマンティに絡まれた時に助けていただいた方。
(忍者AFを取りにクフに行った帰りの事だったので、はっきり覚えてますw)
実は、その時にすふぃさんも一緒に居たと聞いて、改めてヴァナの狭さに
驚いたのですが・・・w
話が逸れましたが、それ以来ごく稀に新郎さんとお会いすることがあると、
手を振っていただくことがあった方なので、知らない人ではなかったとはいえ、
快く出席を了承していただいて有難い限りです。

南グスタの灯台で執り行われると言う事で、時間に間に合うようにイン。
灯台の所に行くと、既に結構な人が集まっていました。
その中には、くにこさんくにこさんみすてぃさんみすてぃさんの倉庫、以前アトルMに一緒に行った
フレのフレさんがいたりと案外繋がりがあるものだなーと思ったり。

今回の婚礼用のパールと乾杯用のジュースを頂き、整列の仕方などを
時間まで聞いておりました。
そして、準備が出来たという事で灯台の上にいくとか!
すふぃさんが自分の周りに集まってと言っていたので



密集しておりますよ(`Д´≡`Д´)??
そしてとびますー!の声と共にエリチェンが。




!!
初めて行く灯台の上に感動(´;ω;`)
新郎新婦の入場が間近と言う事で、これぐらいしかSSを撮れませんでしたがw





灯台前で練習した通りに整列し、新郎新婦の入場を待ちます。
気づくと、バストゥーク共和国戸籍官のCloudwalkerさん(ガルカ)が姿を現していました。
それと共にBGMにも変化が・・・FFのテーマ曲でもあるクリスタルの曲が。
新郎新婦の入場との声が掛かり、二人がゆっくりと階段を下りてきます。



所定の位置に着き、お二人の紹介と大統領の言葉、そして宣誓が。
BGMも相まって、とても厳かな雰囲気でした。



宣誓の後、Cloudwalkerさんが「2人の未来に!」の言葉の後、全員で唱和。
そして、先ほど配布されていたジュースで乾杯し、その時一緒にもらったクラッカーや
それぞれが持って来ていた花火を思い思いに使っています。
そういう私も、倉庫にあった花火を大量に持ち込んでいたので
ここぞとばかりに使っていましたが(/ω\)



式が終わり雑談タイム。
神官を見れる機会は滅多にないので、じっくり拝見させていただきましたw



そして、記念撮影。
Cloudwalkerさんはタルっこ2人を抱えて幸せそうでしたwww



そして戻る時間になり、Cloudwalkerさんがぎゅーーっと集まってください、
と言うのでみんなで傍に寄ってたのですが・・・

Cloudwalker : 誰ですか!ヘンなところ触ってるのは!

ち、痴漢(`Д´≡`Д´)??



飛ばされた先は、バスの入口付近でした。
そうして、Cloudwalkerさんとお別れの時間が。
その場で消えるかと思いきや・・・



何故か灯台の方に歩いて行くCloudwalkerさん。
みんなでそのあとを付いていったのですが、最後は女神の祝福を使って
そのまま消えていかれましたw

そうしてお開きに。

結構なSSな枚数ですが、これでもある程度選んで記事に載せている状態で、
実はこれの倍以上のSSをこのとき撮っていました。
初めてのヴァナの結婚式でしたが、現実の結婚式と変りなく・・・
ホントドキドキするものですねー。
新郎さん、新婦さん本当におめでとうございます!
末永くお幸せに^^



BGM:やわらかアタマ/スネオヘアー
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/916-19c4ee01


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----