迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
すべての終わりが閉ざされん
2008年03月02日(日) 20:37
- 11/24(土)&11/25(日) -
追加ディスク「アルタナの神兵」が出た直後。
私は、ジラM&プロMの最終章となる「亡者の影」&「世界に在りて君は何を想うのか?」を
やっておりました。

この日から数日前。
すふぃさんすふぃさんから世界BCの話を伺いました。
まだ空きありそうだから一緒にどうかと聞かれ、その話に乗らせてもらうことに。
しかもまだ終わってない亡者の影からということで、世界BCに行きたかった私としては、
非常に有難い話だったんですよね〜。

主催はくにこさんくにこさん
後日、改めて詳細をくにこさんからお伺いして、準備万端でその日を迎えました。

・・・ということで、まず11/24は「亡者の影」から。

亡者の影 - Shadows of the Departed

ホラ、デム、メアの岩、
ソ・ジヤ地下にある母なるクリスタル。
それらを囲む「虚ろなる闇」に
奇妙な反応がみられる。
ホラ、デム、メアの岩に赴き
反応のあった場所を調査せよ。

<攻略>
ル・ルデの庭H-7にある大公宮に入るとイベントがありクエスト開始。
エシャンタールメモを入手。

・ プロミヴォン-ホラJ-10にあるMemory Fluxを調るとプロミヴォン-ホラの黒水晶を入手
・ プロミヴォン-デムK-4にあるMemory Fluxを調るとプロミヴォン-デムの黒水晶を入手
・ プロミヴォン-メアK-6にあるMemory Fluxを調るとプロミヴォン-メアの黒水晶を入手

3箇所全て調べた後ル・ルデの庭に戻り大公宮に行くとイベントがありクエスト終了。

071124211901.jpg

三国プロミヴォン巡りということで、ここに入るのもかなり久しぶりでした。
全員が対象者の計5人でのプロミヴォン巡り。
今回同じフェイスが三人も揃い、なおかつ三人とも白or黒で行ったので、
30レベルの魔道士らしくシアー装備で見た目まで一緒とか・・・w

プロミヴォンでは特になんの問題もなく、三箇所を巡りそれぞれの黒水晶を(σ´∀`)σ

以下、ネタばれやSSを含むので折りたたみ。
















071124233519.jpg

エシャンタールに報告に行くと、虚ろなる闇に魅入られた人物達が蘇ろうとしているのでは・・・
という結論に達したようで。
戦いの日は近いからそのための準備をしておくように言われました。

次の日、「世界に在りて君は何を想うのか?」・・・通称世界BCを行うことになっていたので、
そのままリアルの日付をまたぐのを待って、オファーすることに。

071124235035.jpg

その間、下層モグ前でこんな事をしていましたけど・・・w
さすがに同じ装備でたむろしてる同じフェイスだと珍しいのか、知らない人にエモで絡まれまくりwww
これはこれで面白かったですけどね!

そうこうしてるとリアル0時が過ぎたので、オファーを受けに庭へ!

世界に在りて君は何を想うのか? - Apocalypse Nigh

「世界の終わりに来るもの」の
意志を継ぐものが、蘇ろうとしている。
5つ目の母なるクリスタルの前にて
「神の歌」を歌い、宿縁を断ち切れ。

<攻略>
ル・ルデの庭H-7にある大公宮に行くとイベントがありクエスト開始。

海獅子の巣窟にエリアチェンジするとイベント。
次にフ・ゾイの王宮H-8にあるGate of the Godsを調べるとイベント。

天象の鎖にあるTranscendental Radianceを調べるとイベント。
再度Transcendental Radianceを調べるとバトルフィールドに入りイベント。バトルフィールドはLv無制限で人数6人制限。バトルフィールド名「世界に在りて君は何を想うのか?」。
バトルフィールドではKam'lanautEald'narcheというNMが出るので倒す。
倒すとイベント、称号「呪縛を葬りし者」になる。
イベント後は自動的にアル・タユに戻される。

ジュノ下層J-8にいるAldoに話すとイベント。

地球時間0時を過ぎた後ノーグL-8にいるGilgameshに話すとイベントがありクエスト終了。

クエストをクリアするとジラートの幻影のミッションのオファーリストが「すべての終わりが閉ざされん」に、プロマシアの呪縛のミッションのオファーリストとコンプリートリストが「すべての終わりが閉ざされん」になりミッションが完結する。

071125000235.jpg

プロMで言われていた、「世界の終わりに来るもの」。
それが蘇ろうとしているのならば、蘇らせて倒すのみ!ということで、
決戦の為にタブナジアの港からアル・タユへ向かうように言われました。

・・・と言う事で、この日はここまで。
続きは、翌日11/25。
集合時間より早めにタブナジアへ向かい、先にイベントを見てくることに。

071125202512.jpg

久しぶりのプリッシュヽ(´ー`)ノ
・・・なんですが、様子がとてとておかしいのです(;´ρ`)
日輪を担いで」の時からだったのですが。

071125202551.jpg

でもウルミアが現れて、それがプリッシュの悪戯だったのが発覚。
やっぱりプリッシュはプリッシュでしたw

イベントを見終わると、今回の参加者が全員揃いました。
ナ忍侍侍赤白が今回の構成。私は白での参加です。
準備を整え、いざ天象の鎖へ。いよいよ世界BC本戦です。

071125204915.jpg

フ・ゾイに入るとイベントが。
プロM主要メンバーも話を聞き、駆けつけてくれました。
関わった以上、こんな話を聞いたら黙っているわけにはいかないと・・・

天象の鎖へ到着後、突入前にざっと説明が。
ナ/忍なくにこさんがカムラを釣り、忍なすふぃさんがエルドを抜き、くにこさんはそのままマラソンへ。
すふぃさんが抜いた方を2hアビも使い、赤さんのクマスタンを合図に全力で攻撃だ!
私は削り部隊のHPを見つつ、くにこさんがやばくなった時の補助をとのことで(;´ρ`)

説明が終わり、オポ昏や黙想でTPを貯めていざ決戦の地へo(`ω´*)o

071125211034.jpg

エシャンタールもアルドもザイドも駆けつけてきました。
そして・・・現れたのは、三国M、ジラM、プロMと敵だった面子・・・そしてライオン。
ライオンは、「世界の終わりに来るもの」の復活を意識のない体で単身阻止していたようで・・・
それぞれをみんなが戦い、私達が戦うのはジラート兄弟。

071125211741.jpg

いよいよ、最終決戦。
予定通りくにこさんがカムラをマラソンし、残りメンバーでエルドの方を。
こちらも予定通りクマスタンスタートで、侍さん一人の明鏡止水なんかもあり無事撃破。
そのままくにこさんのマラソンしていたカムラを・・・

071125212043.jpg

(`Д´≡`Д´)??

実はこのあたりで赤さんが回線落ち。
そして、ジラMとは比べ物にならないほど強いカムラの攻撃を凌げず全滅に(⊃д⊂)
丁度ここで赤さんが戻ってきて、衰弱回復後再度カムラに挑戦ですo三o(`ω´*)o

071125213212.jpg

もう誰も死なせるものか!と私は必死で回復を。
大風車が来るたびに、前衛のヘイトがリセットされ私に殴りかかってくるカムラ(;´ρ`)
そんな感じでしたが、無事倒しきることができましたヽ(´ー`)ノ

071125213349.jpg

「世界の終わりに来るもの」の復活を阻止し、野望を打ち砕くことに成功。
そして、ライオンの救出も・・・
こうして、ジラM&プロMは大団円に。

071125213652.jpg

こんな称号をいただきましたヽ(´ー`)ノ

071125215244.jpg

ジュノに戻り、アルドに面会。

オレたちが諦めちまったことをかなえちまう。
……それが本当の冒険者なんだな。


この言葉に、ジラMとプロMの全ての経緯が含まれてる気がしました。

ここでPTは解散。
誘っていただけた事、そしてクリアできたことにとても感謝でした(つД`)

最後のイベントはリアル0時をまたがなくては見れなかったので、後日ノーグへ行って来ました。

071129211654.jpg

ギルガメッシュにライオンの事でお礼を言われました(/ω\)
やっぱり子供が無事だったこと・・・嬉しいですしね。

そして、報酬の耳ですが私は磁界の耳を選択。
(MP+20 コンサーブMP+5 詠唱中断率8%ダウン ヒーリングMP+1 Lv72〜 All Jobs)
白によさそうな耳にしようと思いましてw

こうしてジラM&プロMが「すべての終わりが閉ざされん」になり、私のジラM&プロMは終了しました。



BGM:Fever/TRICERATOPS
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/893-713a2c60


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----