迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
因幡の白兎?
2007年05月06日(日) 23:39
- 3/25(日) -
インするとフレからアサルトのお誘いが。
PTを組んで居るメンバーでどこいく〜?という相談から始まり、
決まったのがまだ行った事のないアサルトでした(*´Д`*)
まずは、ペリキアの傭兵長アサルト「黒い男爵撃墜作戦」へ。
黒い男爵撃墜作戦 - Shooting Down the Baron

流星のごとく突如ペリキアに現れたインプ
の男爵「ブラックバロン」。我が軍は彼たっ
た1人に翻弄され、79名もの将兵を失った。
これ以上の犠牲は、我が軍の沽券に関わる。
アサルト要員は、ただちに男爵を撃墜せよ。

<概要>
作戦領域:ペリキア
作戦目標:ブラックバロンの撃墜
募集要員:レベル60 3〜6人
開始条件:傭兵長以上
制限時間:15分(地球時間)

<攻略>
Black Baron(Imp族)を倒すのが目的。開始地点はI-8。

Black Baron(Imp族)は戦闘後暫くするとエリア内のどこかにランダムでワープする。

Black Baron(Imp族)を倒すとI-8にAncient LockboxとRune of Releaseが出現。
Ancient Lockboxを開けると、開けた人のアイテム欄に不確定アイテムが、戦利品にその他のアイテムがプールされる。Rune of Releaseを調べるとミッション終了。

070326011310.jpg

青青黒の四人で決行です。
すぐインプを見つけることが出来て削りましたが、途中でワープ。
で、三人がヒーリング中に私が探しに行ったのですが・・・



途中に居た魚に絡まれましたヽ(´Д`;≡;´Д`)丿



幸いにもスリプルで寝たので、寝かしつつ探してると最初に居た方の
すぐ傍に行ったようでワタクシいいとこなしでした(´・ω・`)
インプを倒し、ゴールに割と近い場所に居た私が向かってたのですが、
途中で魚が追ってきたので寝かせながらって感じで(;´ρ`)
それでもクリアして、作戦戦績が1485貰えました♪

そのまま他のアサルトにも行こうという話になり、
今度はルジャワンの傭兵長アサルト「シャナーハ草保護作戦」へ。

シャナーハ草保護作戦 - Shanarha Grass Conservation

ルジャワン霊窟にしか生えない稀少な薬草
「シャナーハ草」が、昨今の穴ウサギの大量
発生によって絶滅の危機に瀕している。アサ
ルト要員はただちに現場に急行。穴ウサギを
駆逐し、シャナーハ草の保護に努めよ。

<概要>
作戦領域:ルジャワン霊窟
作戦目標:穴ウサギの殲滅+薬草の保護
募集要員:レベル50 3〜6人
開始条件:傭兵長以上
制限時間:30分(地球時間)

<攻略>
敵を全て倒すのが目的。開始地点はI-9。

敵はエリア内に点在するVegetationに向かって動き、シャナーハ草を食べていく。
Coneyは広域スキャンには映らない。

敵を全て倒すとI-9にAncient LockboxとRune of Releaseが出現。
Ancient Lockboxを開けると、開けた人のアイテム欄に不確定アイテムが、戦利品にその他のアイテムがプールされる。Rune of Releaseを調べるとミッション終了。

今度は一人着替えてきて、青黒黒でごーo(`ω´*)o

まずは青さんが出来るだけウサギをリンクさせて連れてきた所で、
黒さんの一人がスリプガで寝かせ、時間を合わせて二人でガ。
私はガ着弾後のスリプガ補助だったので、遅くならないよう気をつけてましたね。
で、この方法でやってみるとかなり上手にできまして無事クリア!
作戦戦績を1800も貰うことができました(*´Д`*)

こんな感じで未クリアを二つクリアでき、一気に特務曹長に近づくことができました〜♪



BGM:レイトショウへようこそ/山崎まさよし
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/773-3f029757


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----