迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/03
  • 2018-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/05
幻影に挑む
2007年04月13日(金) 20:48
- 2/27(火) -
火曜は恒例の忍者固定の日なのですが、一人お休みだったので違うことをして遊ぶことに。
まずは居るメンバーでいつものマム一等アサルト「秘密訓練所急襲作戦」へw

070227222910.jpg

シニストラさんシニストラさん(戦)TさんTさん(暗)コアラさんコアラさん(白)とみとみ(忍)
の4人で60制限で突入o(`ω´*)o
ここに忍でくると、いつもひゃっほいしててごめんなさい(/ω\)
レベリングと違い、蝉回しにさほど気合をいれてないので被弾が多めで
コアラさんには迷惑掛けていたかと(;´ρ`)
何度もやってるだけあって、難なくクリア。
その後もう一戦同じ構成でやってアサルトは終了。

アサルトの後は、皇国戦績BCに行こうか〜という話になり「プークの幻影」へ。
アプリさんアプリさん(詩)とシニストラさんのフレさん(戦)が加わり
忍戦戦詩赤白の構成で行くことになりましたヽ(´ー`)ノ

070228000259.jpg

準備してる間に子タルになって遊んでたり(`Д´≡`Д´)??

070228001611.jpg

初めての皇国戦績BC。
急遽決まった話なので、何も調べてなくてヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
シニストラさんから説明を受けて、あとはランダムで順番決定。
その結果一番になりましたw

070228002213.jpg

突入時はプークが一体なのですが、ボレアースマントというWSを使うと
分身を呼び出してプークが増えるのですよね〜。
それをアプリさんの達ララで寝かせて消えるのを待ちつつ、本体を叩く。
これが今回の基本作戦だったのですが・・・


ボレアースマントの後アプリさんの達ララが即入ったにも関わらず、
プークの分身が寝なくてうまくいかずに全滅(;´ρ`)


070228003203.jpg

リレを掛けていたので、起きて様子を見てみましたが全員を復活させるのが難しそうなので、
BCから出て二戦目に備えることになりました。
後でログを見ても寝なかったのか寝ても起きたのか良くわからず・・・
初めてのBCは慣れてないから緊張しますねww

070228004730.jpg

続いて二戦目。今度は達ララで全部のプークが寝たのが確認できましたヽ(´ー`)ノ
30秒経つと消えるそうで、時間が経過するとプークの分身は自然と消えて、
また本体のみになったので前衛'sが削ってました。
で、二度目のボレアースマント。
これもアプリさんが寝かせてくれて順調だったのですが・・・


やはり耐性が付くのか、30秒になる前にプークが起きてしまい
そのあとはなし崩しでした(;´ρ`)


070228005507.jpg

全滅で排出という結果に(つД`)
結局、時間も遅くなったしということでコレにて終了。
悔しかったけど・・・でも、面白かったですねぇww

で、後日調べてみたのですが、ホワイトウィンドを使われると
寝ているプークも起きるらしいですねぇ(;´ρ`)
この辺も関係していたのかなーと・・・
いつかまたリベンジしたいものですo(`ω´*)o

<おまけ>
070228013703.jpg

ワタクシに触ると火傷しますわよ。おーっほっほ


(`Д´≡`Д´)??



BGM:The Forgotten City - Tavnazian/FINAL FANTASY XI
あ、熱いΣヽ(゜Д゜; )ノ
火傷した(ノ◇≦。)
「プークの幻影」
ずいぶん前のような・・・(´ー`)
そういえばリベンジしてないですね、行きましょう!
▼シニストラさん▼
火傷(`Д´≡`Д´)??
今度はぶっちゃけ戦績の残りがもとないので、自分の分はないかもですが、
それでもリベンジしたいので是非ともo(`ω´*)o
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/758-5dea6fbb


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----