迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/03
  • 2018-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/05
両手棍スキル上げ
2005年12月07日(水) 19:45
昨日は少し早めに上がれたし・・・と白で希望を出していたら、
補充で声が掛かりまして、クフタルに行きました。

が!

狩場までの道を間違えて合流が遅れたおバカさんですorz
本を見ながら進んでいたのですが、本の方に意識が行き過ぎて、
気づいたら反対方向に進んでましたよ(ノД`)・゚・
最近、あまり道に迷わなくなったしよかったー、なんて思ってた矢先デスヨ。

それでもなんとか狩場にたどり着くことが出来ました。
で、合流してみると、誘ってくれたリダさんは日本人でしたが、
他の皆様は全員他国の方でした。
でも、なるべくタブを使ってくれたり、と非常に良い方達だったですよ。
赤さんに至っては、/tellではじめまして。^^って言ってきたり。

丁度、隣のPTには劉菜さんとこのゲー君が。
私に気づいてくれたようで、声を掛けてくれました(´∀`)

んで、狩り開始になったんですが・・・
一戦目でMPがかつかつってどういうことでしょう?(´Д⊂
忍者さんは居たものの、被弾が多くケアルしまくり。
とてもじゃないですが、ヘイストは忍者さんにしかかけられませんでした。
フラッシュで張替えの補助すらする暇ないぐらい、ケアルがけ・・・
ケアルしないと死にそうでしたからね(´・ω・`)

そんな感じでしたが、赤さんが気を回してくれていて、
釣りに行こうとするリダに私のMPがないから待って、と言ってくれたりしてました。

でも、そんなにしないうちに暗黒さん回線切断。
気づけば赤さんも消えてましたorz
リダさん曰く「外人は回線落ちたら戻ってこない」とのこと。
今までそういうことは殆どなかったんですが・・・
今回は、正にその言葉通り戻ってきませんでした。
流石に二人抜けて補充を探すのもきつかったみたいなので、
あとはリダさんがもうちょっとで上がるということで、
入り口側に戻りカニを叩いて無事レベルが上がってました。
そんな感じで終了。
移動時間を合わせて1時間ぐらいでした。

その後、シニストラさんがコンシュで羊狩りをしていたので、
お邪魔して一緒に羊狩りをしてました。

ばらばらに羊を叩きますが、私が倒しても毛皮一枚も出ず(ノД`)・゚・
お手伝いにも何にもなってませんorz

その後、シニストラさんの提案でボスディンで両手棍スキル上げを。
フェローを呼び出してもいいですよ、と言われて、
一度ジュノに戻りパールを取ってきて呼び出しましたが・・・


二戦目でゾルドフ君死亡orz


折角、初期種族装備じゃなくなったのに、また逆戻りしそうな予感・・・

051207003033.jpg

その後、トラ、ゴブ、ジャイアン、目玉を叩いてスキル上げ。
各々ストスキ、ヘイストを掛けて、ストスキ切れたときはフラッシュを入れる。
そんな感じでやってたので、MPの消費はあるもののHPはさほどやばくならず。
WSはお互いアースクラッシャーを使ってましたが、炸裂連携になってました。

結構な時間やってたおかげで、私の両手棍スキルは100になり、
スターバースト習得ヽ(´ー`)ノ
楽しい時間をありがとうございました!



BGM:夕陽が笑う、君も笑う/スピッツ
ゾルドフ君にはかわいそうなことしたね(つд・)
ごめんなさい、、、始めからストスキやってれば良かったですよね。そうしたら自己ケアルしなくても済んだのに残念です。
スキル上げは楽しかったです!
よかったらまた是非〜! 地味な両手棍連携をw
▼シニストラさん▼
活躍の場もなく強制送還されましたからね・・・w
でも、気にしないで下さいね。
私のケアルが遅かっただけの話ですから(´Д`;)
是非、またスキル上げしにいきましょ〜!
両手棍連携楽しいですし、今度はMB決める気合いでw
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/358-c27aae9c


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----