迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/05
  • 2018-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/07
海蛇篭り
2005年12月06日(火) 21:22
一昨日は、グスタでシーフのレベル上げをやってました。
そろそろコンシュでもいいのですが・・・


谷前温泉のとこのハチがいいのですよ(ノ∀`)


バスから近いこともありますが、今必要な風クリと
金策がてらにかけら集めが出来るので、どーしてもここを離れられませんw

女帝の指輪を使ってやれば、さほど苦にならずに出来るので、
気づけばレベルは10→11へ。
シーフも順調に上がっております。
そろそろPT組むのもいいかなーとも思いましたが、
ソロで15まで上げるのもまたいいのかな、と思っていたりもします。
その辺は、気分次第で、かな。

女帝の効果が切れたところで、バスに戻り白に。
今度はフレのてるさんとノーグへ。

私がシーフを上げている最中に、てるさんはギデで数珠集め。
数珠を貢いで、空蝉クエが発生してるかどうか確認するために、
行ったのでした。
コメントで確認する方法を教えてもらいましたが、この時点では知らなかったのですw

まー、結果から言うとまだ発生せず(´・ω・`)
やっぱり大変ですな・・・

てるさんをD2でHPに飛ばし、私はそのまま海蛇へ。
海蛇の地図が欲しいなー、と思いまして、ソロでカギ取りを。


ソロだとカニ相手でもかなりキツかったです(´Д⊂


そんなわけで、一度ノーグに戻り金庫からシグナパールを引っ張り出して、
久しぶりのゾルドフ君召喚。
まだ31ですが、居れば少しはましかなーとw
ついでにレベルも上げられるし・・・

051205011521.jpg


盾タイプにしているのですが、相変わらずタゲは私に向きっぱなし。
なので、ストスキかけて、切れたときにフラッシュ入れて、
またストスキをかけ直し、ひたすらカニと骨を狩ってました。
これだと範囲以外は、あまりダメージを受けないのでヨイ感じです。

ここでゾルドフ君のレベルが32に。
呼び出してよかったです(´∀`)

結局カギは出ませんでしたが、ゾルドフ君のレベルが上がったこと、
そして私自身の両手棍スキルが上がったのでよしとします。
またそのうち海蛇篭ろうっと・・・w



BGM:ACID HEAD/GLAY
もう取っちゃったかもですが、空蝉クエに関して
私の経験を
亜鉛鉱25回貢ぐ → クエ発生
数珠60回貢ぐ   → クエ未発生
でした
なので亜鉛鉱貢いだほうが早いんですyp
木工はスキル10下くらいから上級つけて矢作ってるとすぐ上がりますよ〜 最近狩人減ったから捌けは悪いかもですが(´Д⊂
とみさんGLAY好きですなぁ(*´Д`*)
▼あいえすさん▼
亜鉛鉱の方が、回数少なく発生するんですねぇ〜。
フレはギデで相変わらずヤグから数珠を奪っているようですw
ちなみに、私は亜鉛鉱で発生させました〜。
当時、ノーグの名声の上げ方そっちの方しか知らなかったんですw
矢は、自分で消費する用に作ってもよさそうですねー。
戦士のレベル上げもする予定だし、一石二鳥かも・・・
GLAYは大好き!って訳ではないのですが、
なんだかんだと聞いてしまいますw
ホームポイントをギデアスに設定したい@てるですw
まだクエ発生しませんですよ;
まー、ここ2,3日まともにログインしてないせいも
あるんだけど・・・。
っつか、ギデは人が少ないので心細いです。
ジュノの喧騒に戻りたひ・・・(つд`)
あ、そそ。
D2のエモはウケました(笑)
D2やりたいって言った意味がよ〜くわかったよww
▼てるさん▼
すっかりギデの住人になってたもんねぇ〜w
でも、それも報われて良かったね!
一時期、ギデはライバルが多くてイヤになり、
それ以来用事がないと足を踏み入れてなかったけど・・・
今はそんなこともないんだねー。
D2のエモ受けてくれてなによりw
また何かネタ仕込んでおくんで、その時は実験台よろしく〜♪
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/356-f9a7ccf5


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----