迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2017/12
  • 2018-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/02
AF1と補給クエ
2005年08月21日(日) 17:19
さて。昨日の昼の部の話です。

やることやって暇になったので、ログインしてみました。

まずは、飛空挺に乗ってバスへ。
バルドニアの補給クエをやっちゃおうと思いましてね〜。
もうすぐでヴァズ覚えるレベルだし、
やっておけばバス支配の時に戻るのが楽だなーって。

さくっとバスで補給クエを受け、今度はサンドへ。

050820153431.jpg


三国に向かう飛空挺に乗れるようになって思ったんですが、
カザム行きとは違って、結構人が居る事多いんですよね。
まだ数回しか乗ってませんけれど、毎回人が多い。
やっぱり、三国行きは使うこと多いんだな〜と実感です。

サンドに行ったついでに、AF1のクエを受けてきました。

050820155209.jpg


オファーだけ受けたんですが、この後どうするかは未定。
ソロじゃやっぱり無理だろうな〜、と思いつつ、保険分の経験値があるうちに、
一回一人で偵察を兼ねて戦ってみようかな、と思ってたりします。


AF1を受けた後は、今度は本命の補給クエを。
・・・ラングモンドで一回死にましたが何か?(´・ω・`)
スニ切れそうなときに電話が来たんですものorz

で、気を取り直して二回目。
今度は電話で邪魔が入ることもなく、ラングモンドは通過。
ボスディンもインスニで慎重に進んでいきます。

050820165532.jpg


ここでもコンシュで見たような宙に浮く花を発見。
結構こういうのってあるかもしれないですね。

花に少し和みつつ、ザルカバードに行き、
無事補給クエを済ますことができました(´∀`*)
お亡くなりになられるとは・・(つд`)
ザルカはミッションやクエでこれからよく行くようになるのですごく便利になると思います〜
自分は補給なんて【なんですか?】状態でもちろんマップも持ってないですが(;^ω^)
 白AF1NMのほうはソロじゃかなりきついと思われます。手伝いや自分のを取りに何度か行きましたがナイト60でもWSの次元殺で200くらいもってかれますので。なんで構成にもよりますがレベル50くらいの2,3人〜が必要かもです
 他鯖なのでお手伝いできませんが、頑張ってげっとしてくださ〜い!
数日振りに来たので、またしても纏め読みを…(笑)
画像を見つつ、いつか私もやるのね〜と、楽しみ〜な事と…恐くて絶対行きたくないな〜ってのがあったり(^^;;
白のあのAF装備私もいつか着たいですが、誰か変わりに…(ぁ
で、2つ前の日記を見て…。
ちょっと安心しました〜。 状態異常を見落としちゃうんですよね…; フィルター掛けたり、色変えたりしてても見逃すんですよ・゚・(ノД`;)・゚・
いつも一緒にPTに付き合ってくれてる召喚士さんに負担掛け捲りですよ…ハイ;
カザムでサハギン相手にバウォタラと間違えてバファイラ掛けたりね…ε- (´ー`*)
▼あいえすさん▼
すごいタイミングで、電話が来たのが原因でした(´・ω・`)
無視するわけにもいかないので、仕方ないですけどね〜。
やっぱりAF1のNMソロはきついですか・・・
そうだろうな〜、とは思いつつも、でも挑んでみたいような気もするんですよ(笑)
クリアするときは、誰彼にお願いしてお手伝いしてもらおうと思います^^
▼真綿さん▼
やっぱり、AFは憧れですよね^^
白と言えば・・・あのイチゴみたいな帽子。
似合わないだろうな〜と思いつつも、でも欲しいわけで(笑)
怖いかもしれないですけど・・・
でもやってみると、案外大丈夫だったりするかと思いますよ〜^^
真綿さんも状態異常見逃すことありますか(´Д`;)ヾ
アレを全部見逃さずに回復できる人がすごいな〜って思います。
間違うのが、まだ強化魔法だから問題無しっ!(笑)
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/245-bb9da420


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----