迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/03
  • 2018-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/05
LSメンでプロミヴォンに突撃1
2005年05月22日(日) 17:20
昨日は、予定通りLSメンでプロミヴォン行って来ました。
今回は周りを見ている余裕が若干あったので、
すこーし詳しくボス戦のことなんかを書いてみます(笑)

メンツは、
e1_b.gifEさん(戦/忍)

hh8_a.gifHさん(黒/白)

tt8_a.gifNさん(狩/忍)

ee6_b.gifStさん(モ/戦)

ee4_a.gifShさん(ナ/戦)

hh3_a.gif私(白/黒)

の6人。
何気にEさん以外、全員♀キャラでした。
LSの♀キャラ勢ぞろいって感じですね(笑)
このメンバーの中で、三国プロミヴォンを制覇してるのはHさんのみ。

全員の準備が終わらず、予定の時間を若干過ぎてからメアに飛び、
メア攻略スタート。
土曜の夜のせいか、同じタイミングでメア攻略のPTが居たので、
移動もそのPTに一緒にくっついていって、
途中、リンクあってもどちらかが引っ張っていって倒したり、
光球も救援を出して、両PTで倒したりとかなり効率よかったです。

予想してたよりもかなり早く塔に着くことができました(*´∀`*)

BC前で事前に打ち合わせていた戦略を確認。

前衛は、基本的にハイポで回復。
ボスのHP2/3切ったら、Eさんがアニマ使用、
Nさんが乱れて、Shさんがインビン。
その30秒後に私がアニマ使用という感じです。
回転木馬のことがあるので、後衛はなるべく離れてる。
こんな感じだったかな?

三度目にもなると、さほど緊張もなくBCに突入しました。
・・・まぁ、BCの音楽を聞くと緊張はするんですけど(笑)

BC突入後、それぞれアイテム使用、強化で、Eさんがボスに向かい挑発。
後衛組は、最初に弱体を入れる。
私は、印でパライズを確実に入れることを忘れないようにして、
あとは、タゲ取らない程度に回復。
Hさんも同様に、タゲ取らないように精霊入れる。
場合によっては、回復にも回ってくれていました。
この辺は、さすが本職白さんです。

EさんとShさんでタゲを回し、順調にHPを削っていきました。
HPが2/3になった頃に、予定通りEさんがアニマ使用、
Nさん乱れて、Shさんインビン、Stさんは百烈。
回復しつつ、アニマ切れのタイミングを計ってたので、
自分のアニマ使用の番が来たのは分かりました。
マクロも組んでたのでバッチリ・・・と思いきや、
ボスとの距離が離れてて、使うの失敗orz
距離を縮めてリトライしても、また距離があってダメ。

(こ、今度こそ!)

と思い、更にボスに近づきました。
で、やっとアニマ使うの成功!
しかも、ボスのアビ使用直前に使えたらしく、
最後に大ダメージ食らうこともなく、無事撃破。
失敗が、思わぬ成功を導いたって感じですかねぇ?(笑)
一歩間違っていれば、ヤバかったですけれどorz

メア攻略により、Eさんと私がプロミ2章に突入し、
ルフェーゼにいけるようになりました♪
やったー!

かなり早く終わり、みんなの時間もあるとのことだったので、
まだ終わってないNさん、Stさん、Shさんの分もと言うコトで、
残りのプロミヴォンもやることになりました。

一度ジュノに戻って、準備しようということになったんですが、
D2持ちが居なかった為、ルテ→ラバオで、Nさんに着替えてもらって、
D2してもらうことになりました。
で、

e1_b.gif : ルテよろ〜


って言われたんですが、ルテまだ持ってませんorz
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

と言うわけで、Hさんが一旦ジュノに戻り、白に着替えてきて、
ルテに飛ばしてもらうことになりました。
やっぱり、ルテの需要高いから、なんとかしなくっちゃorz

と、まだ長くなるので、続きは別記事にて。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/147-6e7e7792


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----