迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/06
  • 2018-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/08
かくれんぼinウィンダス2
2005年01月06日(木) 21:11
セルビナからマウラまでの船旅になるわけですが、
これが初の船旅でして、やはり初体験はドキドキします。

乗船して辿り付いたのは、客室。
一緒に言ってた人曰く「船倉みたいだけどね」。
確かに、船倉のような感じです(笑)
思わず
「密航してる気分になりますね」
といったら、ツッコまれました。

ここで、乗船中の注意を受けました。
甲板には、モンスターが出ること。
時々、NMも出てきて、そいつが出てしまうと、
同行している方ですら一撃でやられてしまうとのこと(汗)
甲板に出るのはいいけど、気をつけてね、といわれました。
船室でおとなしくしてようか、とも思ったのですが、
スニークをかけてくださったので、
どうせなら、と思い、甲板に出てみました。

20050104204322s.jpg


とっても綺麗な景色で、すごーい、と一人感動(笑)
カニがうろうろしてたりもしてましたが、
特に危害を加えてこなさそうだったので、
暫く甲板の縁に佇んでいました。

と、急に音楽が途切れて、
「中へ」
と促されたので、慌てて戻りました。
何かが現れる予兆だそうです。

そして、おどろおどろしい曲が流れ始め、
そのうち外では交戦している音が。
メッセージログも凄い勢いで流れていました。
こ、怖い(涙)

どうも、海賊が現れたようなんですが、
そう滅多に現れるわけではないようで、
運がいいんだか、悪いんだか・・・

途中、同行中の友達にtellで
「外凄いことになってるね」
とか言いながら、じっとしていました。

そのうち戦闘も終わったようで、
気付けば元の音楽に戻りました。
「もう大丈夫」
と言われて、今度は三人で甲板へ。
マウラに到着するまで、佇んでました(笑)

続く
オレも怖かった(涙)
海賊襲撃はマジで怖かったよぅ(涙)
だって、船めっさ揺れてたし、
上からドッカンドッカン音が聞こえてきてたしさ・・・。
オレらが外に出たら、ものの数秒で
殺されるんでしょうなぁ。
無事終わったときは、
「生きててよかった〜〜」
って思ったもんです、ハイ(笑)
そうだよねぇ
間違い無く一撃でやられてたでしょうなぁ(涙)
それに、ほら、ドアが開いたら中に入ってくるかも、って(汗)
ホント、無事でよかったです。ハイ。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/12-44cd3b10


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----