迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2017/10
  • 2017-11 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/12
アルタナM終了
2013年07月31日(水) 21:14
最近、半年に一回ペースの更新になっているのは
きっと気のせいじゃありません。
ちなみに現在も11はプレイしております。
そのうち最近の話も書く事はある・・・と思います。多分。
とはいえ、そこまで記事にできるほどSSも撮っておらず、
更新できる内容がかなり少ない気はしますが:(;゙゚'ω゚'):

随分前の話になりますが、アルタナミッション完結編。
もう大分記憶が薄れてしまっているので、
さくっと書いていく感じになると思います。


当時、そろそろアルタナM終わらせようという事で、
と進める事に。
過去三国クエが終わっておらずだったのですが、
その中の過去サンドクエを終わらせるべく進める事に。
」についてはNPCに敵を殴ってもらえばいいので、
これは単独白で行って回復してただけでクリア。

そして過去サンド連続クエストの最終になる「それぞれの未来へ」。
予定日までにある程度進行させて、当日はレイヤーエリアでの戦闘を。


ナ赤白で行って、基本的にNPCの回復をしていましたが、
時々敵が殴りかかってくることがありましたねー。
でもさほど痛くもなく、こちらもさくっと終了。

その後のイベントですが・・・過去サンドクエ面白かったですね。
現在も居るNPCの過去の話に関わっているわけですが、
この過去クエが無ければこういう人だったのか・・・
と知らないままだったんだよな〜と思うと、
過去クエ全般そうなんですが、話やNPCが掘り下げられるので、
とても良かったと思うんですよね。
現在、バス、ウィンの方は未だに終わってないので、
これもいずれは終わらせてイベント見たいです!

ここからアルタナMの方に。
霧らふ世界」はソロで出来るので割愛。
その次に「夢見果てし時」。こちらはBF戦があります。
その際のイベントで、今までありそうでなかった内容がありちょっと感動。
また見たいとは思いますが、回想じゃ見るのは無理そうなので残念です。


侍狩白の構成。
最初に突入したPCのコピーが敵として出るということで、
白で行った私が突入することになりました。
やはりあまり危ないシーンも無く無事撃破。
というか、そこまで記憶が残ってないという話が。

この後はまた各地を回ったりなので、最終戦は後日ということで
瞼に見るもの」「羅針の行方」「轍辿りて」は予定日までに終了させておきました。

そして、アルタナM最終戦「翼もつ女神」。


ナ狩白の構成。
どのミッションでもそうなんですが、最終戦の曲は相変わらずいいですね!
ナイトながボスのタゲを取り、狩人なが削っていく。
で、私は回復という感じでしたが、とても安定しておりました。


第二形態についても全く同じ感じで、始終安定。
なんですが、第一形態よりも回復に走り回ってた感じです。

そして、最終BFクリア!


何故かエコーズに佇む3人・・・


あとは最終のイベント「約束の刻」「忘らるる君へ」。
過去の大戦を主軸としたミッション、そして三国視点でのクエストがアルタナ。
悲しい話も非常に多かったですが、イベントとしては見ごたえがあったと思います。
現段階でもまだバス、ウィンに関しては全てのクエストが終了していませんが、
アルタナ発売前には断片的にしか語られなかった過去の話を
実際のイベントとして多々見れたのは良かったな〜と思ってます。
正直なところ、全てのイベントを最初から全てもう一度見たいなと思うくらいで。
まぁ、どのミッションも大体そう思ってるんですがw

リリゼットはなんだかんだと可愛かったな〜。
最後のアレは、彼女が報われたのかどうか・・・
できれば、アトルガンの様に後日談的なクエストも出て欲しいです!
主にケットシー取得クエスト的な感じで。
実装するという話が前から出てますが、未だに実装されていないのを見ると
もうそれはないのかもしれませんけどね(´・ω・`)
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/1144-da529746


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----