迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
裏活動の後は
2009年01月05日(月) 22:56
年明け一発目の更新となりました。
今年も宜しくお願いします_(._.)_

FFの目標は・・・と以前は立てたりしてましたが、
波があるので、その辺は今年もなくていいかな〜と思っておりますw
やりたい時に楽しむ!というスタイルで、今年もあれこれ遊べたら良いなと。

では、FFの話を。

なんだかんだと2年以上続いている裏活動。




それでも集団魅了で黒さんを追っかける殺人鬼たちなんて事も時々w
気付いたら、両手棍スキルが上がってました><
ちなみに、黒さんは無事逃げ切れましたが。



そんな中、コアラさんがとうとう赤AF2をコンプ。
めでたい(*´Д`*)
ポーズがちょっとカッコイイですw

あ、それと。
ソーサラーコートを貰いました><b
黒二個目のAF2だったりします。嬉しいー(*´Д`*)
今まで更新した記事のSSでちょこちょことソーサラーコート姿が出ていましたが、
黒の時にはよく着てます。えぇw

そんないつもの裏活動でしたが、ある日の裏終了後。
ここの所、終わった後にアットワENMに行くのが慣例となっていて、
時間があれば参加していたので、この日もいつものように参加希望。
あれよと言う間に12人参加になり、急遽神99BCの真龍に行く事に!

その模様なんかは折りたたみにて。

構成は、ナ侍詩白白 黒黒黒黒黒赤。
赤2人のうち1人はサポ暗でした。そして、私は黒での参加。

獣神印章99BC「真龍」注意点・作戦

・真龍の正面には立たないで、両足前に展開(ドラゴンブレス対策)
・後衛はストスキを切らせないように(範囲WSが多いため)
・精霊は雷と水で
・飛ぶまでじっくり削る
・飛んだら赤/暗がクマスタン、黒が全力で攻撃
・着地後もじっくり削る

といった感じの事前確認があった・・・と思いますw
そして、いざBCへ!



作戦どおり最初はじわじわ削って、飛んだらクマスタンと同時に
精霊全開で黒'sが削りにいきました。
途中MPがなくなったので、泉も使いサンダガIIIなんかも使ったり。
着地した後は、タゲを取らない程度に精霊を撃っていましたが、
飛んでいる間にヘイトを稼いでいたせいか、黒'sが時々殴られたり(;´ρ`)
私も一度殴られましたw
ナイトさんのインビンや侍なエグザさんの火力のおかげで、
タゲが張り付くことはなかったですけどね。
そして・・・気付けば止めは私がいただいちゃいましたw



箱の中には、なんと・・・スピードベルトの文字がヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
こちらは、買う人がいたので後日、分配金としてお小遣い・・・とは言えない金額を
貰っちゃってほくほくですw

休憩を挟んで、今度はアットワENMへ。
いつもの巨人の貝塚でしたが、こちらではブラオが!
なんという幸運続き・・・
ブラオも後日、分配金を頂きまして所持金がすごい事に><

更にその後、プークの幻影に。



忍暗暗詩赤黒の鉄板構成で行ったので、一回の戦闘時間は2〜3分ほど。
プークは記事にはしてないものの、誘われて何度か行ってましたが、
毎度黒で参加してました。
でも、この日は初めて忍で参加。
私の番ではクロマ鉄鉱は出ませんでしたが、2人ほど出てて良かったデスヽ(´ー`)ノ

この日、裏LSのリーダーが引退されていきました。
これだけドロップが良かったのも、リーダーへの餞だったのでしょうかね?
2年以上もLSを引っ張ってくれたリーダー。
私が裏に参加できたのもリーダーがこの裏LSを立ち上げてくれたからこそです。
希望者も居た事、エキサイトが目的で立ち上げたとの話を
誘ってくれたエグザさんから当時、聞いた記憶があります。
その通り、エキサイトする場面が多く、いつも楽しく活動させてもらいました。
本当に感謝するばかりです。
お疲れ様でした!



BGM:天使たちのシーン/小沢 健二
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/1020-55421ede


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----