迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
コロロカを奔走
2005年07月28日(木) 21:14
昨日は、少し早めにログインできたので、
久しぶりに詩人で希望を出してみました。

・・・そんなにしないうちに、タブ変換でお誘いが。
砂丘だと言うので、時間がかかる旨を伝えて、向かおうとしたら

?? : パーティ解散ごめんなさい。

と来ちゃいまして(ノд`)
実は、向かう前にコロロカでやるというこちらもタブ変換のお誘いが
入っていたのですが、先に誘われたから、とお断りしちゃってたんですよね。
そんなわけで、思い切って空きがあるかどうかコロロカの誘い主さんに/tellを入れると、
まだ空いているとのことで、そちらに入れてもらうことになりました。

構成 : Lv16〜19 暗忍召黒黒
狩場 : コロロカの洞門
獲物 : ミミズ

このうち、黒さん、召喚さんが日本人でして、全く言葉が通じないということがなく、
ちょっと安心しておりました(笑)

忍者さんがサンド→ジュノ→バスと飛空挺を乗り継いでくるということで、
合流に時間がかかるということで、その間に5人でやることに。


・・・リダの黒さん(他国の方)、精霊ひゃっほいしてますよ・・・
おかげで、タゲが後ろに向きまくり。


召喚さんは、リダの近くに居るとストンガ食らうから、
とリダさんから距離取ってたくらいですからねぇ(゚д゚;)
私は、とにかく前、後ろと動いてたので、立ち位置も何もなかったのですが。

途中、日本人黒さんが移動中に下に落ちてしまったり、
忍者さん合流後、ミミズリンクで前衛二人死亡という事態になったりして、
結構一戦が終わった後のインターバルが長かったんですが、
それでも誰も抜けることなく、キャンプも模索しながら2時間半ほど続けました。

結果16→17へ。
日本人二人が英語で会話しなかった、と言うよりも、たぶん出来なかったようで、
私のへっぽこ英語でなんとかリダさんとその都度意思を確認、
なんてシーンも結構ありました。
良くあんな英語で通じたなぁ、とリダさんの理解力に感謝です(´∀`*)

結果として、そんなに稼いだわけではありませんが、
まぁ、まったりできたから良かったかな?


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----