迷子スキル:A+ 誤爆スキル:S+(LSメン談) も過去の事!な人のFFXI話のBlogです。
  • 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
過去三国の足跡を追え!4〜ソロっぽい黒
2008年12月16日(火) 21:16
ニコニコでディシディアFFのPVを見ちゃいました。

Yabeeeee!!ちょー欲しい><

ってぐらいテンションが上がりました。
原因はケフカです。えぇ。なんですか。あの声のハマり様は。
PSPとセットで買っちゃいそうな勢いです。

・・・普段とちょっとだけノリが違います。こんばんはー^^

いや。ホントに、ディシディア欲しくなりましたよw
シャントット様が出るのも気になりますしね〜。
歴代FFのキャラが出てるのもわくわくしますしね。
FF3なんかは、未だ忘れられないゲームですし。
発売まで@2日・・・これは本気でヤバイです!!
これ以上ゲームを増やしてどうするんだ!?と思いつつ、
気付いたらそのうち「PSP買いましたー^^」とか記事を書いてる自分が見えます。

そんな話はともかく。

さくっと過去ウィンの4個目のお話に行きますw

降臨、異貌の徒

ヤグードの秘密を持ち帰ると
城砦の猛虎団はオズトロヤ城に
向かわされていた。
一刻も早く呼び戻さなくては。

<攻略>
カルゴナルゴ城砦〔S〕I-8(F-10,H-9から次のマップへ)にいるRotih Moalghettに話すとイベントがありクエスト開始。

オズトロヤ城〔S〕にエリアチェンジするとイベント。

カルゴナルゴ城砦〔S〕に戻りRotih Moalghettに話すと連続イベント、ワームキーを入手。

H-5にあるColorful Doorを調べるとレイヤーエリアに入りイベント。レイヤーエリアはLv無制限で人数6人制限。レイヤーエリア名「降臨、異貌の徒」。
レイヤーエリアではYagudo Priest(Yagudo族)とYagudo Theologist(Yagudo族)とYagudo Interrogator(Yagudo族)とYagudo Herald(Yagudo族)とYagudo Votary(Yagudo族)というNM計45〜50体とLaa Yaku the Austere(Yagudo族)というNMが出るので倒す。
敵はG-8からH-8に向かって移動する。
レイヤーエリア内ではHPとMPとTPがそれぞれ回復することがある。
倒すとイベント。
負けた場合はRotih Moalghettに話すと再度ワームキーを入手可能。
戦闘後は自動的に西サルタバルタ〔S〕に飛ばされる。

ウィンダス水の区〔S〕 にエリアチェンジするとイベントがありクエスト終了。


以下、ネタばれっぽいものや戦闘内容がつらつらと書かれていますので、
折りたたみにて。






























ヤグードが対魔法絶対防御兵器?みたいなものを開発してしまって、
魔法が主力のタルタル族に不利になってしまったり。
ただ、ミスラ族の傭兵が居るので、大きな脅威にはならないはずが・・・というお話。
タルタルの見た目の可愛さでは分からない、黒い感情もちらほら。

そんな折り、隙を突いたヤグードの奇襲作戦が判明し、
それを阻止すべくゴユの空洞に乗り込む事に。



と言うわけで、単身乗り込んでまいりましたー^^

ジョブは黒/赤(36)。
ヤグが50体弱出現する戦闘ですが、ボス格以外はさほど強くないと言うことで、
ブリストファランクスで耐えつつ、ガで一掃しちゃおう作戦です><b
準備したものは、リレピ、ヤグドリ3本、そして防御食事としてゆでがに。
ゆでがには、昔作って倉庫で眠っていたものを引っ張りだしただけですけどもw
そして、ヤグドリも丁度スキル上げで作っていたものだったので、
リレピ以外は安価で押さえられているので、とってもリーズナブル!



と言うわけで、いざヤグード無双に挑戦!

見ての通り、ヤグに囲まれてフルボッコにされてます^^;

とはいえ、実はダメージは平均10前後ほどしか受けておりません。
念のためアクアベールも使用していましたが、詠唱中断もなし!



というわけで、ガII連発で向かってくるヤグをなぎ倒していきます。
序盤は、有る程度倒すとHPやMP、TPが回復するので、ヤグドリも必要なかったです。

が。
最後のボス格と対峙した時点で、MPの残りがあまりなく回復に回すMPが切れて、
一度ここで戦闘不能に。
リレピを使ってはいたので、起き上がる事は可能でしたが、
衰弱回復すると向かってくると言う事で、距離を取って衰弱回復待ち。

できるだけギリギリまで座って、最後のボス格との戦闘に。



ここからはヤグドリを飲みつつ、スリップ各種を入れながら、
グラとバインドで足止めしてMPを回復しながらの戦闘に。
MPに余裕が出てきたら精霊を撃って、MPが少なくなったらリフレ装備に着替えて、
スリップマラソンに切り替えたりして、慣れないことをしながら必死にw
相手は白タイプの為、MPが吸えるのでアスピルが大活躍でしたけどね。

残り10分のアナウンスが出たあたりで、ヤグのHPも残り3割程度。
ただ、こっちのMPももう殆どなかったので、泉を使いたいところですが、
この戦闘の前に使っていたので、復活が残り時間5分を切ったあたりの頃。
というわけで、暫く耐えながら泉復活を待っておりました。
そして、泉復活後にゴリ押しのサンダガIII炸裂で一発クリアとなりましたヽ(´ー`)ノ



伏兵の奇襲を足止めできた甲斐もあってか、ウィンに攻め込んで来た戦力では、
ウィンを落とすことは出来ずにヤグが撃退・・・と思いきや、
とんでもないのが来たりと冷や冷やでしたが、ひとまず撃退成功。
♂ミスラのレコの奔放な振る舞いや、ロベルアクベルの思想が見え隠れするイベントでした。

過去ウィンのクエは、話が壮大ですね〜。
そしておもしろい!
これはサンドもですし、また別の意味でバスも面白いですが、
一番楽しめるのはウィンのクエのような気がします。
そして、今回黒ソロでの戦闘も楽しかったですね。
ダメもとで挑んでみましたが、勝てる事が出来たので喜びも一入。
白ソロで戦った解明への灯同様、思い出深いクエの一つになりました。



BGM:Reason/GRAPEVINE

Comment編集
秘密にする


TrackBack URL

http://tomis.dtiblog.com/tb.php/1015-a36fb28b


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----